2014年05月02日

収納家具の選び方

圧迫感のない色と形を

家具を部屋に置くとき同じ容量でも、背の高いものと低いものでは見た目の印象がまったくちがいます。
視覚的に圧迫感がなくなるので狭い部屋には背の低い家具がおすすめ。

また、色が濃いものより、明るいもののほうが空間に広がりを感じます。

見せるか隠すかでデザインを選ぶ

キッチンの細々した食器や道具、リビングのAV機器や小物やDVDなど物がごちゃごちゃする場所があるもの。そんなときは、うまく家具を利用してすべて隠して収納したりインテリアのひとつとして小物を見せながら収納してみましょう。
空間に合わせてイメージを膨らませながら隠すのか、見せるのかによって選ぶ家具とデザインは変わります。

AVボードは高さに注意

意外と見落としがちな、AVボードのサイズ。薄型テレビはメーカーによって同じインチでもサイズが違うので
選ぶ際には注意が必要です。また、テレビを置くところの高さも重要。
テレビの位置が高すぎても低すぎても疲れの原因になります。
座った時に、テレビの中心と目がほぼ水平になるのが最適と言われています。
ソファか、床か、椅子か、どこに座って見るのかでも適した高さは変わるのでライフスタイルに合わせてチェックしてみましょう。

トムテ tomte 家具 ソファー 通販
posted by 淳子 at 23:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。